ワンランク上の家を建てるコツ

ワンランク上の家を建てるコツ■ 家を建てるときに、どこに頼んでいいかわからない。
■ ハウスメーカーの営業マンに口説かれ、契約しようと思っている。
■ 大規模なリフォームを計画していて、高額の見積もりで驚いた。

ちょっと待ってください!

多くの住宅会社が差別化を図ろうと、色々な提案をしています。しかし、そのほとんどは耳慣れないものばかりで、家づくりをする人にとってわかりやすいものではありません。

「○○工法だからいい家だ」「大手ハウスメーカーは安心で小さな工務店で大丈夫ですか?」という営業マンのセールストークを信じ、契約書に印を押す前に、私たちの建てる家をご覧下さい。

私たちは「同じ予算で建てるならワンランク上の家を建てる」ということをコンセプトに、家づくりをしています。しかも、基礎や構造など完成してしまうと見えなくなるところまで、強いこだわりを持って家づくりに励んでいるのです。

なぜ、同じ予算でワンランク上の家が建てられるのか?

家づくりの金額の多くは、建材や職人さんに支払われる人件費家づくりの金額の多くは、建材や職人さんに支払われる人件費なのです。しかし、大手ハウスメーカーではテレビCMや住宅展示場の建設費・維持費など、あなたの家の原価とは関係のない販促費まで、あなたの家の価格に乗っているのです。

私たちはお客様への負担を最大限まで抑えるために、お金のかかる広告や、展示場を持たず同じ予算ならワンランク上の家を提供できるように知恵と工夫で企業努力をしているのです。

また、当社では建材や材木を仕入れるコストにも気を配り、「同じメーカーの同じ品番の製品を買うなら他社よりも安く仕入れる勉強」もしています。これは、東証一部上場の株式会社ナックさんの協力を得て、全国8000社の工務店ネットワークで情報を集め、どの建材がいくらの仕入れ値で取引されているのか知ることで、仕入れ価格を抑える努力をしているからできることなのです。

一般的なハウスメーカーや工務店ではできない、独自の仕入れ価格削減の方法なのです。

また、大工さんや職人さんの人件費も、現場作業での無駄をなくすことで、コストダウンを図っています。これは「地域の見積もりと同じ価格で、もっといい家を建てたい」という、当社の社長の考えに、メーカーさん・協力業者さん・職人さん一同が賛同していただいたからこそできることなのです。

まずは、他社の家を見てから来てください!

お客様の建てたい家お客様の建てたい家はどんな家なのでしょうか?

家づくりを考え始めたばかりの頃は、自分の建てる家のイメージが固まっていないものです。ローンや保険に関する知識も少なく、下手をすると言われるがままに契約してしまう人も少なくありません。

家づくりは家さえ建てばよいということではありません。

ワンランク上の家を建るだけではなく、家だけではなく、住宅ローンや保険などライフプランに関わる全てのことを、私たちは総合的にご提案しています。

多くのハウスメーカーや工務店を回り、様々な提案を受けていく中で、お客様の建てる家のビジョンが見えてくるでしょう。

その後で、最後に私たちの見学会に参加していただければ、なぜ当社がワンランク上の家を建てれるのかがわかるでしょう。

見て納得のイベント案内はこちら

平屋の魅力に注目

≪今だけではなく、将来を見据えて平屋もお勧め≫

一軒家が欲しい!と思ったとき、あれこれ考えてしまいますが「生涯にわたって使いやすい間取り」は、意外と単純なものだったりします。老後の建て替えも増えてきた昨今、平屋が注目を集めています。


老後に建てなおす方が増えています。古くなった家を解体し、小さな平屋に住み替えるご夫婦が増え部屋数もそこまで必要がなくなるので需要は伸びています。
老後のリフォームをするよりは真新しくなった家で老後を楽しむのも素敵です。
価格も全体的に広さはあまりないので意外と安価で建てられます。

バリアフリーはほとんどの家が対応し始め、当たり前になってしまった時代ですが、廊下の狭さはあまり見直されていないと感じます。
元気で若い頃は問題がないかもしれません。廊下は部屋ではないので必要以上に作ると居住空間が狭くなります。
そのためなるべく廊下を作らないように家を設計するのが賢いのですが、複数階建てとなると減少させるにしても限界があります。
平屋であれば廊下を作らずに”部屋そのものを廊下としても活用する”そんな方法が可能になります。
「土地が狭いから」と安易に2階建て以上を選ぶと意外と居室空間は階段や廊下に取られてしまい、狭い部屋ばかりがひしめいている状態になりますので、平屋という魅力を今一度見直してみるのもいいあもしれません。

~子供が独立して夫婦二人で暮らす平屋~

ローンを返済し終わった後に訪れるのが老後の対策です。
子育てがひと段落し、」ローンの返済で貯蓄も厳しい状態のお財布状況は各家庭同じような状況になると思います。
家も年をとり老朽化が出てくると補修をしなければならず、外壁や屋根の塗り直しや葺き替えとなれば、それ相応の金額が出て行きます。
平屋であれば足場を組むのは大体10万ですが2階建てだと足場だけで20万は掛ります。
階段を上るのが億劫になり結局は使わない部屋が増え、ほぼ上がらない2階部分となってはひじょうにもったいない!
平屋であれば活用方法はいくらでもありますし、部屋の移動に苦痛を感じることはありません。
1階だけで生活空間は出来上がっているため、老後になったからといって寝室を下階に移動したり、寝室を新たに作るためにリフォームしたり、ということはないお財布にやさしい家なのです。


お問合せフォーム